断熱 − 知っておきたい住まいの熱講座

心地いい家をつくるために知っておきたい、住まいの温熱環境について取り上げる連載です。1回目は、「断熱」について。
断熱とは、どういうことなの? そのメリットは?基本をわかりやすく説きます。

目次

なぜ断熱するの?
断熱って、どうするの?
断熱のメリットは?

なぜ断熱するの?

冬は内部の熱を逃がさず、夏は外の熱を中に伝えない

文字通り、断熱とは「熱を断つ」こと。家の断熱とは、外の暑さ寒さを断つ、ことです。冬は家の中の熱が外に逃げないよう、夏は家の外の熱が入ってこないように断熱する必要があります。

建物の熱の流出入割合例 左:冬の暖房時 熱の流出割合 右:夏の冷房時(昼) 熱の流入割合
建物の熱の流出入割合例
左:冬の暖房時 熱の流出割合 右:夏の冷房時(昼) 熱の流入割合
※上記の建物図はイメージです。数値は(一社)日本建材・住宅設備産業協会ホームページを参照しています。

冷暖房にかかるエネルギーを少なくする

家の断熱性能が高いと、冷暖房の効きが良く、保温効果も高くなります。エアコンの室温を上げ下げする時間が短くなり、室温が一定になったあとは保温運転ですむため、電気の使用量が減り、電気代も安くなります。

結露を防ぐ

外部と室内の温度差から断熱性の悪いところに結露が生じます。その水分が壁内部に入り込むとカビや木材腐敗の原因となり、健康を害したり建物が傷んでしまうので、窓や壁の断熱性能を高める必要があります。

断熱って、どうするの?

壁、床、天井に高性能断熱材を切れ目なく入れる熱を伝えにくい素材でできた断熱材は、繊維系、発泡プラスチック系等があります。その断熱材を、屋(または天井)、壁、床(または基礎)に入れます。高性能の断熱材で、熱の逃げ道がないように切れ目なく、家をすっぽり包むように入れることが重要です。(図参照)

切れ目なく断熱材を入れる
切れ目なく断熱材を入れる

窓を高断熱窓にする

外部からの熱の出入りが、一番大きいのが窓です(図1、2参照)。そこで、窓も高断熱窓にする必要があります。高断熱窓は、枠・障子の断熱性能が高く、ガラスもペア(二重)ガラスまたはトリプル(三重)ガラスになっています。

 

気密性を上げる

断熱材を入れても、隙間だらけでは熱が逃げてしまい、さらに結露も生じてしまいます。よって、隙間をなくし気密性を上げる必要があります。気密性を上げることで、計画的な換気を行うことができます。

熱交換換気をする

高断熱・高気密の家には換気が不可欠となりますが、外気をそのまま入れてしまうとせっかく暖めた(冷やした)室内の温度が下がって(上がって)しまいます。そこで、外気を室温に近づけて入れる熱交換換気を行い、冷暖房負荷を低減します。

 

断熱のメリットは?

家中の温度差がなくなって、快適で健康な暮らしに

断熱性能の高い家は、外に熱が逃げないため、家全体を効率よく冷暖房できます。また、冷暖房をしている部屋と、していない廊下やトイレなどとの温度差がなくなり、家中を均一な温度にすることができます。温度差のない暮らしは快適な上に、ヒートショックを予防。

さらに、免疫向上、疾病やアレルギー症状の改善などの調査結果も出ています。

断熱で家の中の温度差がなくなる
断熱で家の中の温度差がなくなる

省エネになって、光熱費を削減

断熱によって室温が極端に上がったり下がったりせず、保温効果もあるので、冷暖房が少なくてすみます。ということは、電気などの消費量が抑えられて省エネになり、光熱費も削減できるというわけです。

家の耐久性が向上

高断熱・高気密によって結露を防ぐことができます。結露は不快で健康にもよくないだけでなく、建物自体を傷めて老朽化を早める要因でもあるので、高断熱・高気密化は家の寿命を延ばすことにもつながります。