トップ あたたかい暮らし

あたたかい暮らし

塗り壁材、珪藻土(けいそうど)の実力

自然素材の塗り壁材として人気を集めている珪藻土。様々な左官を取扱い、珪藻土の施工事例も多い原田左官工業所の原田宗亮さんに、珪藻土壁材がどういうものか、お話をうかがいました。 左官材としては新しい素材 「珪藻土とは、植物性...

部屋の温度を保ったまま換気するには? 快適な住まいづくりの大事な要素

心地いい家をつくるために知っておきたい、住まいの熱環境について取り上げる連載です。 今回は、熱の出入りにもつながる「換気」。快適で健康的な住まいづくりに不可欠な要素です。 LECTURE01 換気はなぜ必要? 新鮮...

窓の断熱性能も大事。断熱窓の選び方を住まいづくりの前にチェック!

温熱環境の良い家をつくるには、壁や窓の断熱性能を高めることが必要です。 まずは、壁に断熱材をしっかりと切れ目なく入れることが大事ですが、窓の断熱性能について配慮することも必要です。 そこで今回は、断熱窓を学びます。建築家・藤江創...

エアコンの仕組みからわかるエアコン選び

日本の夏には欠かせないものとなったエアコンですが、仕組みについては意外と知らない方も多いのではないでしょうか。快適性、経済性を大きく左右する省エネ性能も日進月歩です。家電とインテリアに精通した戸井田園子さんに、エアコンについてうかがいました...

広葉樹の床材

日本の針葉樹を代表するスギとヒノキを取り上げた前回に続き、今回は広葉樹を紹介します。そもそも、針葉樹と広葉樹はどう違うのでしょう? わかりやすいのは葉と樹木の形の違い。スギやマツやヒノキといった針葉樹は、葉が針のように細く、幹がまっすぐ伸び...

気密− 知っておきたい住まいの熱講座

心地いい家をつくるために知っておきたい、住まいの温熱環境について取り上げる連載です。前回の「断熱」に続いて、今回は「気密」について。 断熱と気密はセットで考えなければならない、家づくりの大事なポイントです。 気密ってなに? 隙間を...

熱交換換気装置とは

熱交換換気装置をご存じですか? 聞き慣れない機器ですが、高断熱・高気密住宅には欠かせないものなのです。 どんな役割を果たしてくれるのか、建築家の御前好史さんに教えていただきました。 日本で熱交換換気装置が広まってきたのは、ここ10...

【あたたかい住まい】埼玉県K邸 前編 家族の笑顔を支える、あったかな家

あたたかい住まいの事例1 前編:|K邸•埼玉県秩父郡| 一日の寒暖差、冬と夏の気温差がひじょうに激しい埼玉県秩父地方。 冬の朝はマイナス5℃まで冷え込み、夏は猛暑日が続くという地域で、結露や寒さなど室内環境への不満でいっぱいになったKさ...

【あたたかい住まい】埼玉県K邸 中編 エアコン1台で家中、一年中、快適。

あたたかい住まいの事例1 中編:|K邸•埼玉県秩父郡| K邸では、高断熱・高気密の建物に熱交換換気装置を導入し、冷暖房機器はエアコン1台だけで一年を通して家中を快適にするシステムが考えられている。  「日本の家庭用エアコンは、省エネでと...

【あたたかい住まい】埼玉県K邸 後編 家中どこに行ってもあたたかい。もう普通の家では暮らせません。

あたたかい住まいの事例1 後編:|K邸•埼玉県秩父郡| 暮らしはじめて1年、四季をこの家で体感したKさん一家。住み心地をたずねると満面の笑みが返ってきた。 「結露や寒さは解消されましたが、それ以上の住み心地にとても満足してい...

おすすめ記事

最新記事

人気記事