調査データ:あたたかい住まいで、日々の暮らしと行動はこう変わる

あたたかい住まいでは、どのように過ごせるでしょうか。
快適空間研究所が生活者を対象に実施した調査より、温熱環境の良い住まいと暮らしや生活行動の関係について、その結果をご紹介いたします。

LIFE1:生き生きと暮らせる

女性の多くの方が、冬あたたかい住まいにもし住むと、「活動的になる」「生き生きと暮らせる」だろうと思っており、住まいの温熱環境が気持ちや行動と大きく関係していることがわかります。

LIFE1:生き生きと暮らせる

LIFE2:健康的で体調がよい

温熱環境のいい住まいにもし住むと、「健康的に体調がよく過ごせる」「家のどの場所にいても快適に過ごせる」だろうと考えている方が多く、また、暑さ寒さのストレスからの解放や、夏・冬とも熟睡できると感じている人も4割を超えています。

健康的で体調がよい

LIFE3:煩わしい防寒行動が減少

室温21℃以上(*)の住まいでは、室温10℃ 以下(*)の住まいと比較して、「毛布やひざ掛けをかける」、「カーテン、雨戸を閉める」、「暖房をしている部屋のドアや間仕切りを閉める」、「窓からの冷気を遮断する」などの行動が少なく、煩わしさの少ない暮らしをしている様子が伺えます。
* 冬の起床時の居間・食堂の室温(測定値ではなく設問への回答によるもの)

煩わしい防寒行動が減少

LIFE4:家事が億劫でなくなる

温熱熱環のいい住まいにもし住むと、「掃除や料理をするのが億劫でなくなる」と共に「家事を好きな時間にできる」だろうと考える方が多いことから、温熱環境が優れた住まいは、忙しい女性の家事や時間の有効活用に貢献していると推察されます。
家事が億劫でなくなる

LIFE5:無駄のない空間利用

室温21℃以上(*)の住まいでは、「部屋が寒くて使えない、あるいは使いたくない部屋やスペースがある」としている比率が低くなっています。無駄のない空間利用をしており、資産の有効活用といえます。
* 起床時の居間・食堂の室温(測定値ではなく設問への回答によるもの)

無駄のない空間利用

LIFE6:少ない冷暖房費

1日に使うエアコンの電気代は、冬の寒い日でも約140円。電気代をあまり気にすることなく、快適に過ごせます。
少ない冷暖房費

*1 電気代は、ネオマの家 IBARAKI SAKAI MODEL における下記期間のエアコン消費電力(当社実測)により算出(27円 / kWh として換算)。
( 冬:2016年12月30日、夏:2017年8月15日~19日の平均値)
*2 各エアコンを下記の通り風量1にて運転(6時~23時稼働) 冬:床下エアコン(暖房22℃設定)  夏:小屋裏エアコン(冷房22℃設定)
*3 4人家族を想定した内部発熱(400W)を考慮。

温熱環境の良い住まいは、気持ちや生活・家事行動に良い影響を与えるとイメージされており、また、実際にあたたかい住まいに住んでいる人の方が部屋を有効に使えているということ等が、アンケート結果よりわかりました。