夏も冬も快適!温熱性能の高い住まいでのCOOLな暮らし

高断熱・高気密の温熱環境にすぐれた住宅では、夏どのように過ごすことができるでしょうか。

快適空間研究所が生活者に対して行った調査結果より、一般の方々が「温熱性能がすぐれた住宅」での夏の暮らしに対してどのようなイメージを持っているのか、また自宅の温熱性能別にご自身の家事行動や睡眠についてどのように感じているのか、ご紹介いたします。

1.生き生きと暮らせる

女性の多くの方が、「夏涼しい住まい」 について、「活動的になる」「生き生きと暮らせる」とイメージしており、住まいの温熱環境が気持ちや行動と大きく関係していることがわかります。


*旭化成建材(株)快適空間研究所 住まいの温熱環境の実態と満足度調査 (2017年9月 女性587名 26都道府県 戸建住宅居住者)の結果より

2.健康的で体調が良い

温熱環境のいい住まいについて、「健康的に体調がよく過ごせる」「家のどの場所にいても快適に過ごせる」だろうとイメージしている方が多く、また、暑さ 寒さのストレスからの解放や、夏・冬とも熟睡できると感じている人も4割を超えています。

*旭化成建材(株)快適空間研究所 住まいの温熱環境の実態と満足度調査 (2017年9月 女性587名 26都道府県 戸建住宅居住者)の結果より

3.家事が億劫でなくなるとイメージ

温熱環境のいい住まいについて、「掃除や料理をするのが億劫でなくなる」と共に「家事を好きな時間にできる」だろうとイメージしている方が多いことから、温熱環境がすぐれた住まいは、忙しい女性の家事や時間の有効活用に貢献していると推察されます。


*旭化成建材(株)快適空間研究所 住まいの温熱環境の実態と満足度調査 (2017年9月 女性587名 26都道府県 戸建住宅居住者)の結果より

4.料理・掃除が億劫に感じない

温熱性能の良い住まいに住んでいる人ほど、「家の中が暑くて 料理をするのが億劫に感じる」「家の中が暑くて掃除をするのが億劫に感じる」比率が低くなっています。温熱環境がすぐれた住まいは、料理や掃除などの家事行動の負担を減らしている様子が窺えます。


※1 住まいの温熱環境別に比較をするための指標として、自宅の窓ガラスが、Low-Eペアガラス又はトリプルガラスと回答した人の家は温熱性能「高」、ペアガラスと回答した人の家は温熱性能「中」、シングルガラスと回答した人の家は温熱性能「低」として、分類した。
※2 旭化成建材(株)快適空間研究所 住まいの温熱環境の実態と満足度調査 (2017年9月 男女917名 26都道府県 戸建住宅居住者)の結果より

5.よく眠れている

温熱性能の良い住まいに住んでいる人ほど、「寝苦しい時が多い」比率が低くなっています。温熱環境がすぐれた住まいは、睡眠の質にも良い影響を与えることが推察されます。


※1 住まいの温熱環境別に比較をするための指標として、自宅の窓ガラスが、Low-Eペアガラス又はトリプルガラスと回答した人の家は温熱性能「高」、ペアガラスと回答した人の家は温熱性能「中」、シングルガラスと回答した人の家は温熱性能「低」として、分類した。
※2 旭化成建材(株)快適空間研究所 住まいの温熱環境の実態と満足度調査 (2017年9月 男女917名 26都道府県 戸建住宅居住者)の結果より

6.少ない冷暖房費

1日に使うエアコンの電気代は、夏の暑い日でも約108円。電気代をあまり気にすることなく、快適に過ごせます。


※1 電気代は、ネオマの家IBARAKI SAKAI MODEL における下記期間のエアコン消費電力(当社実測)により算出(27円/kWhとして換算)。 (夏:2017年8月15日~19日、冬:2016年12月30日の平均値)
※2 各エアコンを下記の通り風量1にて運転(6時~23時稼働) 夏:小屋裏エアコン (冷房22℃設定) 冬:床下エアコン(暖房22℃設定)
※3 4人家族を想定した内部発熱(400W)を考慮。

以上、温熱性能がすぐれた住宅について、「生き生きと暮らせる」「健康的で体調がよく過ごせる」「家事が億劫でなくなる」等、前向きなよいイメージを持っているということがわかりました。また、温熱性能のいい住まいに住んでいる人ほど、「料理・掃除が億劫に感じない」「よく眠れる」比率も高くなっていることがわかりました。

夏、住まいで快適に過ごすためにも、温熱性能は大事な要素です。これから住まいづくりを検討される方は、是非、住まいの温熱性能についてじっくりと調べてみてください。

(参考:住まいの熱講座 http://www.atatakazoku.com/category/atatakalife/onnetsu