朝寒くて布団からなかなか出られない・・・。冬の毎日を暮らしやすくする、温熱性能が高い住まいの生活価値

冬になると朝起きても寒くてなかなか布団から出られないことはありませんか。実は、朝起きるのがつらいのは、住まいの温熱環境のせいだったのかもしれない・・・そんなデータをご紹介します。

快適空間研究所では「あたたかい暮らし研究会」(*1)において、冬の生活行動や暮らしの関係、住まいの温熱環境の実態と満足度について、アンケート調査と訪問調査(*2)を実施しました。

寝る時に寝室が寒い

冬は寝るとき寒くて、布団を何枚もかけたり、足が冷えるので湯たんぽを使ったりしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。寝室が寒いと寝付きも悪くなりますよね。次のグラフを見てみてください。

寝室温熱環境の快適性

「寝る時の環境が快適だ」(当てはまる+やや当てはまる)と回答した人の比率は、温熱性能が高い住まいに暮らす人の方が高くなっています。温熱性能が低い住まいに暮らす人とは、約25%もの差がありますね。

部屋が寒くて夜中にトイレに起きる

就寝中に寒くてトイレに行きたくなった場合、眠いし、寒いし、起きるのがつらいですよね。次のグラフを見てみてください。
    
部屋が寒いため、 就寝中にトイレで目が覚める。

「部屋が寒いため、就寝中にトイレで目が覚める」(当てはまる+やや当てはまる)の比率ついては、温熱性能の高い住まいに暮らしている人の方が、約10%低くなっていますね。温熱性能の高い住まいに暮らしている人の方が、就寝中にトイレで目が覚めることなく眠れていそうですね。

冬の朝、布団から出られないのは部屋が寒いから

次に、朝起きた時のことを見てみましょう。冬の朝、寒くて起きても布団から出られずに、ぐずぐずしてしまったことはありませんか。

部屋が寒いため、 朝はなかなか布団から出られない

「朝はなかなか布団から出られない」(当てはまる+やや当てはまる)の比率ついても、温熱性能が高い住まいに暮らす人の方が低くなっています。温熱性能の低い住まいに暮らす人の方が、なかなか起きられない人が多いようですね。

今回の調査結果より、夜中にトイレのために目が覚めることが少なく、朝の目覚めもすっきり起きられる、そんな快適な睡眠の環境を作るには、住まいの温熱性能がカギになっている可能性があることが見えてきました。

夜もぐっすり寝て、朝もシャッキっと起きて、一日の良いスタートを切るために、住まいの温熱環境はとても大事な要因になっていそうですね。

▼住まいの温熱環境をもっと知るには:
「あたたかい暮らし」って何だろう?
断熱 − 知っておきたい住まいの熱講座

次回は、着衣や布団の枚数と住まいの性能の関係についてご紹介していきます。お楽しみに。

(※1)あたたかい暮らし研究会:旭化成建材株式会社 快適空間研究所、株式会社旭リサーチセンター ハビトゥス研究所、首都大学東京 建築学域 須永研究室、駒沢女子大学 住空間デザイン学類 橘田特任教授等によって構成。あたたかく生き生きと暮らすための居住空間とライフスタイルの研究(調査活動、啓発活動、情報発信活動)を実施。

(※2)「第4回目住まいの温熱環境の実態と満足度」調査(WEBアンケート調査と訪問調査)。冬季の温熱環境の実態と満足度、温熱環境と冬季の生活行動・暮らしの関係などを具体的に調査。2017年12月~2018年3月実施。対象は一戸建持家居住者(WEBアンケート調査:全国10地域25都道府県、回答者数1229名。/訪問調査:1都4県、回答者7名。)
詳細はこちら
https://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2018/co181016.html