冬でも薄着で過ごせる家。冬の毎日を暮らしやすくする、温熱性能が高い住まいの生活価値

朝晩の冷え込みが進み、冬が近づいてきましたね。冬になると、室内でも厚着になったり、寝る時は分厚い布団をかけて、布団の枚数も増やしたりと、重ね着、重ねがけをしていませんか?

快適空間研究所では「あたたかい暮らし研究会」(*1)において、冬の生活行動や暮らしの関係、住まいの温熱環境の実態と満足度について、アンケート調査と訪問調査(*2)を実施しました。

家の中で、厚着をしなくなる

冬、皆さんは家の中でどのような服装をしていらっしゃいますか。北海道や北欧などの寒い地域では、室内があたたかいので、その他の地域と比べると薄着で過ごしている、という話があります。

今回のアンケート調査では、全国の方に、家の中で洋服を何枚着ているのか聞いてみました。回答者の住まいの温熱性能の違いで見てみると、次のようになります。

冬の重ね着の枚数  

赤枠で囲っているところが、3枚以上衣類を着ていると回答した比率です。温熱性能の高い住まいに暮らす人で、3枚以上着ている比率は15.5%。温熱性能が低い住まいに暮らす人よりも約30%も低くなっていますね。やはり、家の中の温熱環境が良いと薄着で過ごすことができるんですね。

では、地域別にも見てみましょう。

地域別、冬の重ね着
       

3枚以上着ている比率について、北海道は16.3%、沖縄県は13.0%と、全国や首都圏などの都市圏よりも低くなっており、薄着で過ごしているということがわかりますね。第2回のアンケート調査においても、北海道の住まいは満足度が高いという結果が出ています(参考:「北海道の家はあたたかい」は本当だった!地域別の温熱環境の満足度を調査)。北海道は外は寒いけれども、家の中をしっかりと暖房している家が多いので、薄着で過ごすことができているのでしょうね。沖縄県については、冬でも本州より温暖なので薄着で過ごすことができるということかもしれませんね。

布団の枚数を複数使う比率が少ない

次に、住まいの温熱性能の違いにより、布団の枚数や種類はどう変わっているのかを見てみましょう。

布団の枚数
      
布団を2種類(厚手布団含む)以上かけている人は、温熱性能が低い住まいに暮らす人では56.3%、高い住まいに暮らす人では44.1%となっています。
このデータより、温熱性能が高い住まいに暮らす人の方が、布団を何枚もかけることなく睡眠できているということが言えそうです。

一般的に、寝返りのしやすさや身体への負担を考えると、布団は軽い方が良いと言われています(*3)。前回の記事「朝寒くて布団からなかなか出られない・・・。冬の睡眠と住まいの温熱環境の関係:調査データ」では、住まいの温熱環境が良いと睡眠や目覚めにも良い影響がありそうだということをご紹介しましたが、温熱環境が良いと、寝具もスリムになるということが言えそうですね。

▼住まいの温熱環境をもっと知るには:
「あたたかい暮らし」って何だろう? 断熱 − 知っておきたい住まいの熱講座

次回は、寒さを解消するためのひと手間について、ご紹介していきます。

(*1)あたたかい暮らし研究会:旭化成建材株式会社 快適空間研究所、株式会社旭リサーチセンター ハビトゥス研究所、首都大学東京 建築学域 須永研究室、駒沢女子大学 住空間デザイン学類 橘田特任教授等によって構成。あたたかく生き生きと暮らすための居住空間とライフスタイルの研究(調査活動、啓発活動、情報発信活動)を実施。

(*2)「第4回目住まいの温熱環境の実態と満足度」調査(WEBアンケート調査と訪問調査)。冬季の温熱環境の実態と満足度、温熱環境と冬季の生活行動・暮らしの関係などを具体的に調査。2017年12月~2018年3月実施。対象は一戸建持家居住者(WEBアンケート調査:全国10地域25都道府県、回答者数1229名。/訪問調査:1都4県、回答者7名。)
詳細はこちら
https://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2018/co181016.html

(*3)参照:厚生労働省e-ヘルスネット https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-01-003.html