「ネオマの家」の木と土のあたたか性能。

あたたかみのあるインテリア。木と土のあたたか性能。

インテリアも自然素材で
インテリアも自然素材で

「ネオマの家」には無垢の木の床に土の壁を採用。
自然の素材は、見た目も触り心地も、自然の気持ち良さが感じられます。

雰囲気だけでなく、機能的な素材でもあります。
自然の植物由来のオイル仕上げの床は、冬はあたたかく、夏はさらっと爽やか。
珪藻土の壁は調湿機能があって、季節によって湿気を上手にコントロール。

自然素材はあたたか性能にすぐれた素材です。

八溝杉(やみぞすぎ)の天井

八溝杉(やみぞすぎ)の天井

茨城・栃木・福島の県境に位置する八溝林業地で育った杉材です。木目や色合いの美しさに定評があり、狂いにくい良材として知られています。無垢の木材は、室内の湿度を調整する役目も果たします。

 

珪藻土の壁

 

珪藻土の壁

珪藻土は、調湿の働きを持つ自然素材です。過分な湿気は吸収し、乾燥したら湿気を放出し、快適な湿度を保とうとします。冬は結露を起こりにくくし、カビの発生を抑えます。微細な気孔が無数にある多孔質によるもので、消臭の働きも持っています。

 

飫肥杉(おびすぎ)の床

 

飫肥杉(おびすぎ)の床

宮崎県で伐採されるこの杉は、軽量で強度に優れるのが特徴。杉のフローリングは、冬はあたたかく、夏はさらっとして涼しく感じられます。裸足が気持ちいい自然素材です。