「ネオマの家」すぐれた断熱性能が、あたたかい住まいを実現する要。

ヒト基準のあたたかい空間。ネオマフォームで暮らしを包みこむ。

あたたかい住まいを実現する要は断熱性能です。
そして、すぐれた断熱性能を実現するのは、高性能な断熱材をきちんと施工すること。
「ネオマの家 茨城境モデル」は、ネオマフォームを外張り断熱と充てん断熱に用いることで住まい全体を二重に包みこみ、ヒト基準のあたたかい空間を実現しています。

屋根 外張り断熱
屋根 外張り断熱

屋根 外張り断熱

垂木の上に下地合板を施工し、その上に厚さ90mm のネオマ
フォームを敷き詰めます。継ぎ目は気密テープを貼り、気密
性能を高めます。

 

 

外壁 外張り断熱
外壁 外張り断熱

外壁 外張り断熱

外壁全面に隙間なく厚さ90mmのネオマフォームを施工します。
継ぎ目に気密テープを貼り、その上に透湿防水シートを施工
します。

 

 

 

屋根 充てん断熱
屋根 充てん断熱

屋根 充てん断熱

垂木の間にぴったりと隙間なく厚さ90mm のネオマフォーム
を施工します。外張り断熱と合わせて180mm の断熱材が屋
根に使われています。

 

 

外壁 充てん断熱
外壁 充てん断熱

外壁 充てん断熱

柱の間に厚さ60mm のネオマフォームを施工します。外張り
断熱と合わせて壁には150mm の断熱材が使われています。

ネオマフォームの表面に印刷されているロゴ等のデザインは予告なく変更になる場合があります。

 

住まい全体をネオマフォームで包みこむように施工した外張り断熱。
住まい全体をネオマフォームで包みこむように施工した外張り断熱。

基礎の断熱

床下エアコンの性能の鍵を握るのは、基礎の断熱です。

接着剤を使ってネオマフォームをコンクリート面にぴったりと施工し、継ぎ目はシーリング材で埋めます。

基礎の断熱
基礎の断熱
高い断熱性能、長期断熱性能、安全性、環境性能に優れる ネオマフォームが隙間なく敷き詰められています。
高い断熱性能、長期断熱性能、安全性、環境性能に優れるネオマフォームが隙間なく敷き詰められています。

気密測定

断熱性能を生かすために大切な気密性能が確保されているか、専用の測定装置を使って建物ごとに確認することが大切です。

気密測定
気密測定