「ネオマの家」 インテリア紹介:キッチン

ダイニングとつながったアイランド型キッチン。

集う、料理する、食べる、話す、いっしょに過ごす。食を楽しむ嬉しい時間を生み出すキッチンプランです。

ダイニングテーブルとひとつながりのキッチンは、調理と食事の境界をなくします。シンクと調理機器をセパレートにしたのも、分担して作業がしやすいためです。家族で手伝いあったり、ホームパーティーなど多人数でキッチンとダイニングを囲むのにぴったりです。効率的な動線を確保しながら、スペースやワークトップにゆとりを持たせています。

鍋やボウルやさまざまなキッチンツールがすっきり片付く 容量たっぷりの収納。
鍋やボウルやさまざまなキッチンツールがすっきり片付く容量たっぷりの収納。

使いやすく、美しく。作業性とインテリア性の両立

アイランド型キッチンは、見えるキッチン。だから、見せることも重要です。

リビングダイニングとつながったデザイン性を備えながら、キッチンツールや食材がすっきり片付くよう収納を充実させています。ワークトップとダイニングテーブルに採用した人造大理石が空間のアクセントになっています。

シンクの対面はカウンターになっています。 料理をしながら会話ができます。
シンクの対面はカウンターになっています。料理をしながら会話ができます。
壁際の調理台には日中窓から光が入り、手元が明るく料理 がしやすくなっています。
壁際の調理台には日中窓から光が入り、手元が明るく料理がしやすくなっています。