「ネオマの家 茨城境モデル」でめざしたもの

結構寒くて、結構暑い日本の気候。

家の中の寒さ・暑さが引き起こすヒートショックや熱中症などから住むヒトを守るために、「温熱環境」の視点から住まいの性能を追求しました。

「ネオマの家 茨城境モデル」。エネルギー消費を抑えて健康で快適な毎日を。あたたかい暮らしをどうぞ体験してください。

IBARAKI SAKAI MODEL

茨城県の境町、関東平野のど真ん中に、地域の自然環境や周辺環境を読み解きながら設計しました。

川が流れる緩やかな丘陵地に建つイメージの住宅は、周囲の地形や景観に溶け込む事を大切にしました。シンプルな直方体と勾配に配慮した切妻屋根を組み合わせた外観デザインです。

アースカラーで素朴なテクスチャーの外壁と木の玄関ドアは来訪者をあたたかく迎えてくれます。

南面はサッシとブラインドで気温を調整

日差しがたっぷり降り注ぐ南面にはテラスを
日差しがたっぷり降り注ぐ南面

明るい光を取り込むために南面の開口は大きく設けて、高性能サッシ、テラス屋根、外部ブラインドの組み合わせで暑さ寒さを調整。冬は日射を取り込んで室内をあたため、夏はテラス屋根と外部ブラインドで日射を遮って室内の温度上昇を抑えます。

 

朝日を取り込む東面の窓、西日を遮る西面のブラインド

西・北側は、小さめでも十分な採光を確保できる窓を
西・北側は、小さめでも十分な採光を確保できる窓を

西・北側の開口は、十分な採光を確保しながら、できるだけ小さく設計しました。西日を遮るために、西側2 階の窓には外部ブラインドを設けています。また東側は、朝日を適度に取り込む小さな窓を寝室に設けています。