「ネオマの家」 窓も、温熱性能にとって大切なアイテムの一つ。

テラス屋根

冬の日差しを採り入れて、夏は日射をさえぎるあたたかアイテム。

窓は、温熱性能に関係する大切なアイテムの一つです。

「ネオマの家」は、高性能なサッシを採用し、南面のテラスに面した大きな窓以外は、採光を確保しながら、できるだけ小さく設計しています。

テラス屋根と外部ブラインドの効果
テラス屋根と外部ブラインドの効果

 

樹脂サッシ (ダブルLow-Eトリプルガラス(Ar))
樹脂サッシ (ダブルLow-Eトリプルガラス(Ar))

樹脂サッシ(ダブルLow-Eトリプルガラス(Ar)

環境・省エネルギーの先進国では、断熱性能にすぐれる樹脂サッシが主流となっています。「ネオマの家」は、断熱・気密性能にすぐれた樹脂サッシに、遮熱性の高いダブルLow-Eトリプルガラス(Ar)を組み合わせたものを採用しています。

 

テラス屋根(南)
テラス屋根(南)

テラス屋根(南)

LDKとつながるテラスには、テラス屋根を設けました。夏は、日射を遮り室内温度の上昇を防ぎます。太陽の高度が下がる冬は、あたたかな日差しをLDKに取り入れることができるように設計しています。

 

 

外部ブラインド(南・西)
外部ブラインド(南・西)

外部ブラインド(南・西)

侵入してくる日射熱の8割を防ぐことができる外部ブラインドを南面と西面の窓に取り付けています。室内にいながらリモコンで開閉、ルーバー角度の調整ができます。