放射、伝導、対流。3つの熱の伝わり方を簡単に解説

私たちの身の周りにある熱。熱は一体、どのように周りに伝わっていくのでしょうか。熱の伝わり方について知っておくと、快適な温熱環境の理解がぐっと深まります。今回は、「放射(輻射)」「伝導」「対流」の3つの熱の伝わり方について、それぞれ簡単に説明します。

放射(輻射)

物の熱が電磁波という状態で四方八方に放出され、空気などの熱を伝える物質(媒体)が無いのに、離れたところに熱が伝わる現象。輻射ともいいます。


太陽の熱が地球に届くのは、放射によるもの。太陽から放出された電磁波が地面をあたため、その熱が大気をあたためています。夜になって涼しくなるのは、昼間あたためられた地表の熱が空に上がっていく時に、地表の熱を奪っていくため(放射冷却、冷放射ともいう)です。

放射(輻射)

伝導

物と物が接触した時に、その接触面から熱が伝わる現象です。


ホットカーペットや湯たんぽなど、触ったところだけあたたかさを感じるのは伝導によるもの。
伝導

対流

空気が動くことで、その空気の熱が伝わる現象です。


エアコンによる冷暖房は対流によるもの。あたためられた(冷やされた) 風が人に熱を伝えます。
対流