夏の日差しを遮るポイントと方法ー日射遮蔽の部材

夏を快適に健康に過ごすためのポイントのひとつに、日射遮蔽があります。日射遮蔽とは、日射しを遮ること。室内に夏の強烈な日射しを入れないことが大切です。では、そのためにどんな方法があるのでしょう。建築家・藤江創さんにうかがいました。

太陽熱は、冬は取り入れ (日射取得)、夏は遮る(日射遮蔽)

住宅の設計において太陽熱は、冬は取り入れ (日射取得)、夏は遮ること(日射遮蔽)が鉄則です。建物自体の断熱・気密をしっかりとることを大前提として、日射取得と遮蔽のバランスをとることが求められます。

夏の強烈な日射しを遮る上で一番大切なことは、外部で日射を遮って室内に入れないことです(下図参照)。そのために設計では、周囲の敷地条件から建物の受ける日射を確認し、外観のデザイン性を考慮しながら屋根や庇(軒)の形状と寸法を検討します。

昔の日本家屋のように、大きな屋根や庇で軒を深くとれば日射遮蔽できますが、敷地に余裕がなかったり、外観デザインの面で合わなかったりすることも多々あります。

そこで、日射遮蔽が必要な南と東西面については、太陽高度等の諸条件に合わせて庇(軒)やルーバー等を設計・デザインしたり、日射遮蔽性能のある窓ガラスや日射遮蔽用の部材を用いたりしています。

また、住まい手自身ができることもあります。窓ごとに必要な機能を見極め、予算に応じて検討しましょう。

日射遮蔽効果の室内と室外の比較
出典:(一財)建築環境・省エネルギー機構「温暖地版 自立循環型住宅への設計ガイドラインーエネルギー消費 50%削減を目指す住宅設計」

どんな方法があるの?

A住まい手が簡単に取り入れられるものでは、「すだれ」や 「よしず」、簡易型の「シェード」、「グリーンカーテン」などがあり、夏の間だけ安価に行うことが可能です。

簡単に取り入れられる日射遮蔽の部材

建物の外壁や窓回りに取付けが必要となる製品では、布製の「外付けシェード」や「オーニング」、金属製の「外付けブラインド」や「シャッター」があります。

建物の外壁や窓回りに取付けが必要となる製品

どう選べばいいの?

Aコストをかけずに手軽に手早くという場合は、「すだれ」など簡便なものがいいでしょう。ただし、「すだれ」は劣化も早いので、毎年または数年ごとに取り替える必要があります。また、和のテイストが外観に合わないこともあるでしょう。その場合は、比較的取り付けが容易な「外付けシェード」があります。ロールスクリーンのように必要な時だけ出せばいいものです。同じく布製のものに「オーニング」があります。開閉自在な庇のようなものなので、その下の空間が使えるというメリットがあります。「外付けブラインド」や「シャッター」は、日射しだけでなく、外からの視線や通風も調整でき、雨戸のように 防災・防犯に役立つものもあります。

各製品の特徴と窓ごとに必要となる機能を照らし合わせ、予算に応じて選ぶとよいでしょう。

シェードからシャッターまで、幅広い対応

窓や窓まわり商品を幅広く扱うYKK APでは、日射遮蔽の効果がある商品も多種ラインナップ。窓枠や軒、バルコニー下に取り付けられる「アウターシェード」はシンプルながらしっかり日射をカット。オーニング「パラソリア」はテント部分の角度調節も可能という優れもの。下の空間が広く使えるので、テラスなどをアウトリビングとして楽しめます。

洋風すだれ「アウターシェード」は外観を選ばないシンプルさ。
洋風すだれ「アウターシェード」は外観を選ばないシンプルさ。

テント地のデザインも豊富なオーニング「パラソリア」。
テント地のデザインも豊富なオーニング「パラソリア」。

スリットが開け閉めできる「リモコンスリットシャッター」は日射しに加え、ほどよく視線もカットしつつ風を通したり、全閉時は防犯・防災対策ともなります。

閉めたままでも通風、採光ができる「リモコンスリットシャッター」。
閉めたままでも通風、採光ができる「リモコンスリットシャッター」。

この他、すだれやグリーンカーテンを設置するための「グリーンバー」や「外付けブラインド」もあります。

YKK AP株式会社
TEL:0120-20-4134
URL:https://www.ykkap.co.jp

日本の気候にあった外付けブラインド

日照調整装置に取り組み、約30年前から外付けブラインドを国内生産しているオイレス ECO。「ブリイユ」は、ルーバーの角度によって遮光・採光、通風・換気をコントロールし、圧迫感なく外からの視線もカットします。また、頑強につくられているので、暴風などいざという時にも安心。防犯にも効果的です。日本の住環境を考慮して、ルーバーを納めるボックスはすっきりとシンプルなかたちに、カラーは外壁と合わせやすいものを揃えています。

外付けブラインド「ブリイユ」。ルーバーの角度調整で光や風をコントロールできる
外付けブラインド「ブリイユ」。ルーバーの角度調整で光や風をコントロールできる。

外観もすっきりとしたデザイン。

オイレス ECO株式会社
TEL:0120-564-226
URL:https://brill.com

解説/藤江 創 (一級建築士・有限会社アーバン・ファクトリー代表 https://www.urbanf-arch.com/)