研究所の取り組み

第2回「住まいの温熱環境の実態と満足度」調査について

「冬季起床時の居間・食堂の室温が20℃を超える住まい」では、他の室温の住まいと比較して温熱環境に対する満足度が高く、防寒行動が少なくなることや、「住まいの温熱環境が良ければ、家族の気持ちや体に良い影響を与える」ことに共感する人が、女性を中心...

首都圏における「住まいの温熱環境の実態と満足度」調査について

ソファスペース
首都圏の一戸建・マンション居住者で住まいの温熱環境(あたたかさ、涼しさ)に満足でない人は5割を超え、夏季・冬季は約7割に達する。住まいの温熱性能の低さに加え、生活者の温熱環境に関する意識の低さなども温熱環境への満足度が高くならない理由の一つ...

【ニュース】「あたたかい暮らし」が体験できる、学べる「快適空間ラボラトリー」2017年1月オープン

2017年1月12日 旭化成建材株式会社  旭化成建材株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堺 正光、以下「旭化成建材」)快適空間研究所※1では、当社ネオマフォーム工場近接地(茨城県猿島郡境町)において、断熱材「ネオマフォーム」※2を用...

住まいフォーラムと「快適空間」体験ツアー(全2回)の開催のご案内

「夏を涼しく、冬をあたたかく暮らす住まいづくり」 ~ 住まいの温熱環境をよくすると、暮らしが変わる ~ 2017年6月22日 旭化成建材株式会社 快適空間研究所 株式会社旭リサーチセンター ハビトゥス研究所 2017年度も家族...

最新記事

人気記事