CO2濃度と温熱環境のモニタリングシステムの実証実験開始のお知らせ

旭化成建材株式会社は、旭化成エレクトロニクス株式会社と共同で、連続環境モニタリングシステムを用いた居住空間におけるCO2濃度と温熱環境の見える化による新たな価値創出に向けた実証実験を開始しましたのでお知らせいたします。
 
両社は、2018年1月から共同で「ネオマの家」の優れた温熱性能を数値化する実験を行っていましたが、その結果を踏まえ、2019年2月から、居住者様への新たな価値提供を模索するため、CO2濃度と温熱環境のモニタリングシステムの実証実験を開始しました。本実証実験では、旭化成建材のパートナーである住宅事業者様に参画いただき、戸建て住宅およびモデルハウスにおいて、連続環境モニタリングシステムからリアルタイムに取得・蓄積・表示されるCO2および温熱環境データ活用の有用性を検証します。

詳細の内容はこちらをご覧ください
https://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2018/el190228.html
https://www.akm.com/akm/jp/featured/project/

本ホームページ上でも、得られた知見についてご紹介していく予定です。