外張り断熱とトリプルガラスで結露と無縁。床暖房なしでもスリッパは要らない

あたたかい住まいの事例 ーY邸・長野県一 vol.2

Yさんご夫婦が長野県中部に家を建てたのは3年前のこと。冬の寒さが厳しい地域ですが、高台から絶景を望む開放感のあるつくりにしました。一家は暑さ寒さのストレスを感じることなく、家で過ごす時間を楽しんでいます。決め手は断熱性能。その工夫と暮らしぶりを教えていただきました。その内容を3回にわけてお伝えします。

特別な設備は無し。高い断熱性能で、寒冷地でも快適な室内環境に」もあわせてご覧ください。

壁の断熱は、外側を高性能の断熱材でくるんでいます。長野県を中心に活動する暮らしと建築社の須永さんは、県内の厳しい気候条件を熟知し、「寒くない家」の設計に長けています。「寒冷地で怖いのは、室内の湿気を含んだあたたかい空気が、壁の中に入り込み、冷たくなった場所で結露を起こすこと。ひどい場合は、水道管が破裂したのかというぐらいの結露水が出ます。それを防ぐために、外張り断熱を選びました」。窓ガラスはすべて断熱性能の高いトリプルガラス。壁と窓の断熱性能のバランスが取れていることで、ガラス面が結露しないのだそうです。

窓ガラスはすべて断熱性能の高いトリプルガラス。FIX窓と開閉する窓を使い分けて、効率的な通風を確保しつつ、コストとのバランスを計っている。
▲窓ガラスはすべて断熱性能の高いトリプルガラス。FIX窓と開閉する窓を使い分けて、効率的な通風を確保しつつ、コストとのバランスを計っている。

ふと気が付くと、この家にはスリッパがありません。床暖房を設置していないのに、靴下だけでも足が冷たくないのです。その理由は、室内のあたたかい空気を攪拌させているから。また、床下が室温に近い温度になるように基礎もしっかり断熱しているからです。床材は県産のクリ。広葉樹にしては空気を多く含んでいるので、肌触りがあたたかく感じるのだと、須永さんは説明します。

洗面脱衣室と浴室(左)。家の中の温度差が少ないから、「以前の家の脱衣室で使っていたヒーターが不要になりました」と奥様。
▲洗面脱衣室と浴室(左)。家の中の温度差が少ないから、「以前の家の脱衣室で使っていたヒーターが不要になりました」と奥様。

[冬] 薪ストーブをメインに、補助としてエアコンを使用。2階でサーキュレーターを回し、暖気を室内に攪拌させている。
[冬] 薪ストーブをメインに、補助としてエアコンを使用。2階でサーキュレーターを回し、暖気を室内に攪拌させている。

2階の収納スペースには衣類や生活用具をたっぷり納められるので家の中がすっきり。ま た、以前の家では、ホットカーペットやヒーターなどシーズンオフ中の暖房器具の収納場所に困っていたが、この家ではそれら補助暖房器具が不要になってよかったと奥様。
▲2階の収納スペースには衣類や生活用具をたっぷり納められるので家の中がすっきり。また、以前の家では、ホットカーペットやヒーターなどシーズンオフ中の暖房器具の収納場所に困っていたが、この家ではそれら補助暖房器具が不要になってよかったと奥様。

天井がない開放的な室内の中心にリビングがある。子どもにとっては格好の遊び場。梁を生かしてブランコも。
▲天井がない開放的な室内の中心にリビングがある。子どもにとっては格好の遊び場。梁を生かしてブランコも。

ご夫婦は、「この家は神奈川のマンションよりもあたたかく感じます」とうなずき合います。窓際に立っても不快な冷気を感じることはないそうです。断熱性能が高いと室内の温度差も少なく、必要最小限の暖房で家中が暖まります。奥様の家事の負担も軽くなりました。「とくにお風呂場の寒さがそれほど気にならなくなり、お風呂掃除が楽にできます。普段の掃除や洗濯も寒さを感じないでできるようになりました」。お仕事でパソコンに向かう時間が長いけれど、神奈川で暮らしていた時に悩まされていた肩こりが軽くなったそうです。「家のあたたかさも関係していると思っています」。あたたかい家は、体調にも良い影響を与えるようです。